カテゴリ:滝( 20 )

2013年 02月 01日
飛沫の結氷
e0180387_22314150.jpg


e0180387_223231100.jpg


またまた ご無沙汰になりました

中々 撮影に行けませんでした
昨日は 久しぶりに撮影に行ってきました

朝 4時に集合出発で 写友と 巌立峡の滝の撮影に
行ってきました
駐車場から先へは一般車両は入れません
目的の滝までは 1.7Km先です
道は積雪があり 歩きずらいです そして 登り坂です
60分弱ほど掛かりました(笑) 行くまでに疲れた
寒いですね 三脚など水に濡らすと 直ぐ凍ってしまいます
そんな中での撮影でした

最近の暖かさで 凍りも少ないようです

帰りも疲れた後の帰り道 もう クタクタになって
足も筋肉痛です
帰りは 下り坂ですから 40分ほどで 戻れました

またまた 暖かく 雨です 氷がどんどん融けてしまうのではないか
心配ですね
[PR]

by markunn51 | 2013-02-01 23:17 |
2012年 08月 28日
まぼろしの滝(おしらじの滝)
e0180387_2274575.jpg


e0180387_229730.jpg


e0180387_2210493.jpg


今日も 暑いですね 残暑厳しいです。

尚仁沢から 次に行った所は 幻の滝と言われている滝に
行きました
滝入り口付近に着くと 車が3~4台 アレレ 幻の滝で 誰も知られていない滝だと
思ったら 結構知られているんだ!
カメラ撮影の人から 観光で来る人などなど いろんな人が訪れます
道も探して行かなければ 行けないと 思ったら もう 道が出来ていました(笑)
山を降ること15分くらいで 到着
神秘的なブルーの滝壺 綺麗です 渇水気味で 水は余り落ちてはいませんでした
撮影しても 滝の水が写りません 今一 です
ここでも それほど撮影せず 引き上げです。

帰りが疲れる 降りただけ登らないといけませんからね(笑)
疲れました
次の撮影場所に向かいました。
[PR]

by markunn51 | 2012-08-28 22:31 |
2012年 08月 20日
名も無き滝
e0180387_1623464.jpg


e0180387_16232141.jpg


e0180387_16234177.jpg


今日も暑いですね
まだ 8月ですから 仕方有りませんが でも 夜は涼しくなって過ごしやすいです
まだまだ 熱中症に注意しましょう。

五郎七滝の帰りに この滝に寄ってきました
疲れて 足がガクガクでしたが ここは 道から見える所なので
頑張って撮ってきました。

ここの撮影を 終えて今回の撮影紀行は終わりです
途中で ドライブインで昼食を取って 一気に帰ってきました。
[PR]

by markunn51 | 2012-08-20 16:36 |
2012年 08月 19日
五郎 七郎滝 続きの続き
e0180387_23564279.jpg


e0180387_2357896.jpg


e0180387_23573487.jpg


今日も良いお天気でした 暑かったです
でも 日陰は涼しいですね ちょっと 前の暑さとは違います
夜も涼しくなりましたしね。

五郎七郎滝が続いています(笑)
この滝は 本流から 支流に入って行った所に有ります
一枚目の写真が 沢の本流(沢上谷)の支流で 合流点に
いきなり7~8メートルの滝が有り 四つんばいで登った上の状態です
勾配は有りますが 綺麗なナメ床になっています 更に上流へと 進むと
二枚目の写真の滝に出ます この滝も5~6メートル有ります
水の切れてる辺りを 四つんばいで登ります
更に上流へと進みます
ちょっと 大きな滝にでます 10メートルほど有ります
ここは 滝を迂回して 山を登って 滝の落ち口にでます
ここで滑ったら 滝つぼに落っこちます
ここからは かなり急なナメ床で 慎重に登っていきます
三枚目の写真です これは 上から下に向かって撮っています
登りきると この五郎七郎滝が現れます
途中の写真が無いのは カメラを完全に仕舞い込んでるので 撮れませんでした。

いつもなら 首に掛けて 何時でも撮れる状態でいますが ここでは無理でした。

この本流(沢上谷)を上流へと 進むと 蓑谷大滝に出ます
どちらにせよ 沢を行くしか道は有りません
みなさん 行く時は気を付けて行ってくださいね
カメラは保険を掛けておいた方が良いですよ 友人のように
レンズを壊すかもしれませんからね。
[PR]

by markunn51 | 2012-08-19 23:43 |
2012年 08月 18日
五郎 七郎滝 続き
e0180387_0484963.jpg


e0180387_0502152.jpg


e0180387_05169.jpg


今日も暑かったです
また 昨日と同じく 3時頃から 雷がやってきました
空が真っ暗になってきて 激しい雷でした
消防自動車が ウ~ウ~いって 走り回っていました
怖いですね ここらは 雨はそんなに降りませんでしたが 西の方(揖斐)は
土砂降りで前が見えないほどの降りだったようです。

昨日の続きです
五郎七郎滝です ウロコ状の綺麗な流れです
昨日は 糸を引くように撮ってみましたが 今日の写真は見た目の様に
撮ってみました 何時までいても 飽きない 綺麗な滝でした
普段は これほど 水量も無く 寂しいです
雨の後が狙い目ですが 沢の水量が多いと行くには大変です(笑)

2枚目と3枚目は途中で出会った流れです 岩の隙間を流れていました

明日に続きます。
[PR]

by markunn51 | 2012-08-18 11:44 |
2012年 08月 17日
五郎 七郎滝
e0180387_17203934.jpg


e0180387_1721756.jpg


e0180387_17214076.jpg


今日は朝から暑い日になりました 35度以上です たまりませんね~~
午後5時頃から 雷と激しい雨が降ってきました
これで 少しは涼しくなると思います。

さてさて 先月の撮影で行って 解らなかった滝に 行ってきましたよ
今度は 行く事が出来ました でも あまり お勧めできません
綺麗な滝では有りますが 行くには 沢を登るしか行く方法が有りません
当然 水の中に入らなければなりません 長靴では無理です
胴長か腰まで浸かっても良い覚悟で行かなければなりませんからね
それと 途中 滝を3個越えなければなりません
四つんばいに成って 登ります  滑って転んだら 下まで落ちます(笑)
初めての挑戦ですから 滝とか淵などの 通るルートが解りません
暗い内に出発したので 結構 時間がかかりました
決死のおもいで到着です これが五郎七郎滝です
滝の上部にも滝が見えています 一体に成ってるんでしょうが
これ以上進めません(笑)
撮影する場所も かなりの勾配があります 注意が必要です

一人の友人は カメラリュックを置いたら ころころと転がりだし 必死で
取りましたが 一歩間違えば 下の滝にまで 落っこちてしまいます
もう一人の友人は レンズ交換の時15センチ位の所から 落としたら
ころころ転がって 下の滝に 落ちていきました 
帰りに滝つぼで無残なレンズを拾ってきました(笑)
私は沢の途中でこけました 手と足に擦り傷をつくりました
水の中を歩くと 傷口がヒリヒリしてました(笑)

帰りに 沢登りの人達に出会いましたが ヘルメットにロープ持参です
沢登用の靴で みなさん 着替えを一式とお弁当を入れたリュックを背負って
いました この五郎七郎滝へは 上り口に荷物を置いて 身軽な格好で登って行かれました。
インストラクターの人に案内してもらっていました
かなり 危険を伴う事のようですね

本流を進むと もっと 素晴らしい滝が有りますが もう クタクタで行く
気もおこらず 帰りました(ここら一帯に多くの滝が有るようです)
いつかは 挑戦したいですが 案内を見たら 淵などを通るに 泳いでます
ちょっと カメラマンには無理っぽいです
機材を全てビニールの袋にしまうとか いろいろ 防水の事を考えないといけません

明日に続きます。
[PR]

by markunn51 | 2012-08-17 18:30 |
2012年 08月 10日
矢納ケ淵の虹
e0180387_13253750.jpg


e0180387_13262660.jpg


e0180387_13265240.jpg


e0180387_13273951.jpg


今日は 薄曇りですが 暑いです 風がないから
余計に暑さを感じます。

先日 早朝に 矢納ケ淵(ヤトウガブチ)の滝に行ってきました
ここは 滝に虹が架かる事で有名です
この日も 数名の方が 来てましたよ
虹は見ると所により 見え方が違いますから 場所選びが難しいです
決して 無理をして 危険な所から撮影しないようにです
岩が湿っていますから 滑れば 滝つぼにはまることになりますからね
展望台が整備されています 下にも降りる事もできますよ
メーンの滝は 豪快な流れで落ちてますが
虹の出来る滝は 横から流れている 小さな滝です
今回は 水量が少なくて 虹も一部分だけにしか出来ませんでした
また 水の 多い時期に 再挑戦してみたいと思います。

明日は近くで 花火大会があります お天気が心配ですね。
[PR]

by markunn51 | 2012-08-10 14:01 |
2012年 08月 08日
平谷の大滝 その2
e0180387_1324534.jpg


e0180387_13251928.jpg


e0180387_13253262.jpg


e0180387_1325497.jpg


今日は 朝から暑く成ってきました
昨夜から今朝にかけては 涼しかったです
久しぶりに クーラー無しで 眠れました。

平谷の大滝の続きです
大きな岩の間を 滝つぼの方に 登って行きます
余り 近づくと 滝の飛沫で レンズが水滴で ボケてしまいます
レンズを拭き拭き 撮ってきました
いろいろ 撮影していましたが 涼しいです
離れたくなくなります(笑)
マイナスイオンもいっぱい受けて また 森林浴も浴びて
本当 良い所でした。

明日が 番外編をお届けします。
[PR]

by markunn51 | 2012-08-08 14:31 |
2012年 08月 07日
平谷の大滝
e0180387_147130.jpg


e0180387_1473958.jpg


e0180387_148442.jpg


今日は風も有り 幾分かは 過ごしやすいです
風が強すぎて 窓の傍に置いてあった 観葉植物が 風で倒れました
土が散乱して もう 大変です 
でも やっぱり暑いですね。

今日は 平谷の大滝です
看板にしたがって 上流へと進んでいくと 大きな看板があり
数台の車が駐車出来るスペースがあります
ここに車を止めて 後は歩きです
アップダウンが無い 平坦な歩道を5~6分行くと 目の前に滝が
現れます 展望台も有り 中々整備されています
訪れる人も多く 次から次へと来ますね~
展望台から 更に 前進します 良いアングルを求めて!
濡れた岩は 滑りますから 注意して行きましょう。

標高が1000メートル以上の場所で 滝ですから 涼しいですね
たまに 風と共に飛沫もかかり マイナスイオンをいっぱい頂いてきました。

明日に続きます。
[PR]

by markunn51 | 2012-08-07 14:33 |
2012年 02月 28日
乙女滝の夕焼け
e0180387_17414750.jpg


e0180387_1742212.jpg


e0180387_17421583.jpg


e0180387_17422951.jpg


今日も良いお天気でしたが 久しぶりに朝は冷え込みました
氷が張っていました

先日 菅平高原に行った帰りに 横谷渓谷 乙女滝に行ってきました
この滝は 夕日に照らされて 赤く色が付く事で有名です。
この日は夕方になって 雲が出てきて 微妙な状態でしたが
雲と山との間のわずかな時間だけ 夕日が差し込んできました
有名だけあって カメラマンが多いです(笑)
足元が凍っていて危ないです。

写真は夕日になる前から撮影してみました
夕日の時は こんな感じに 氷に色が付きました
暖かくなってきていますから 氷爆の氷が落ちてきています
もうしばらく経つと 氷もなくなるのでしょうか?。

明日から さくら写真展「四季の聲」が各務原図書館で始まります
(前回 名古屋富士フォトサロンで行った作品です)
土曜は 「辰野 清」先生による トーク&セミナー(有料)も
開催されます 興味の有る方は 見に来てくださいね。
2月29日~3月4日まで開催。

次回は 7月に東京でも開催 展示します。
注)さくら写真展とは 桜の写真展ではありません
「さくら」とはクラブの名前です あしからず。
[PR]

by markunn51 | 2012-02-28 18:31 |